ゆとり日記

 今日あった事や、アニメやマンガ、本や映画、落語の感想などをネタバレで書きます。

Entries

宝石の国(1) を読んだ。


宝石の国(1)
(和書)2017年07月05日 21:59
市川春子 講談社 2013年7月23日

 アイディアが面白かった。内容は、宝石が生命を持った世界で、月からきた観音様みたいなのが、この宝石達を奪いにくるので、戦っているというものだった。
 この観音様達は、生きる宝石達を戦いで戦闘不能にさせて、自分たちのアクセサリーにするのだ。それを阻止するために、宝石達は力を合わせて戦っていた。
 この中でも一番強いのはダイヤモンドの仲間のボルツとかいうのらしい。
 彼らには先生がいるのだが、お坊さんの格好をしていた。お坊さんと観音様で関係があるのかも知れない。
 キャラクターの中では、シンシャという、毒をまき散らすため皆に迷惑がられている宝石が、
「月人なら自分の価値を見いだしてくれるかも知れない」と、いつも外を出歩いて攫われるのを待っているというのが切ないなと思った。
 宝石達は、見た目は女の子みたいだが、一人称が「僕」とか「俺」なのでどっちなのか分からない。性別はない設定なんだろうか?宝石だし。
 主人公の宝石はひたすら弱いらしい。だが、ハッカ色が綺麗で月人にも人気のある色合いのため、狙われやすいという設定だった。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

雪子さん

Author:雪子さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR