ゆとり日記

 今日あった事や、アニメやマンガ、本や映画、落語の感想などをネタバレで書きます。

Entries

マギ シンドバッドの冒険 13 (裏少年サンデーコミックス) を読んだ。


マギ シンドバッドの冒険 13 (裏少年サンデーコミックス)
(和書)2017年06月05日 00:37
小学館 2017年4月18日

 ここでマギのジュダルが出てきた。最初はパルテビアの皇女セレンディーネに懐いて、彼女を王にしようとしていたようだ。どこからシンドバッド自身に興味を持つようになったんだろう。
 パルテビアに久しぶりに帰って来ていたが、そこのバルバロッサは、国民の優位性がどうとか言っているところがヒトラーみたいだなと思った。国民に人気があったところも似ている。彼はシンドバッドと友達になりたいとか言っていたが、友達とか言って利用しようとしているんじゃないだろうか。合理的な性格は良いなと思った。
 ジュダルが、彼は国民を使って人体実験を行っているとか言っていたみたいだが、彼の政党を支持しない国民をこっそり粛正して、自分の票が少しでもとれるようにしているのかも知れない。
 パルテビアの王族はバルバロッサによって、君臨すれども統治せずのイギリスとか日本に似たあり方になっていた。普通に幸せそうではあるが、魔女が王の近くにいるので毒殺しようとしているのではないかと思った。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

雪子さん

Author:雪子さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR