ゆとり日記

 今日あった事や、アニメやマンガ、本や映画、落語の感想などをネタバレで書きます。

Entries

アイアムアヒーロー(22): ビッグ コミックス を読んだ。


アイアムアヒーロー(22): ビッグ コミックス
(和書)2017年06月05日 00:26
花沢健吾 小学館 2017年3月30日

 こいつら一体なんで戦っているのかすら分からなくなって来た。クルスというパンツの強い奴の力を使っていたのかと思ったら、喧嘩したりするし。
 漫画版の『アキラ』に出てきそうなたくましい主婦がでてきたが、このおばさんが得体の知れない巨大なゾンビの塊に取り込まれたと思ったら、それを救い出した後に若い女性になっていた。
 若返ったおばさんは、でしゅでしゅ言う漫画家達と一緒にヘリで脱出して、孤島で暮らす事になった。生き残っている子供達も結構居る様で、一年以上暮らせていた。幸せそうだったので良かった。
 一方、主人公の方は、たった一人で町の真ん中でサバイバルしていた。何故かゾンビは一人も居なくなったのは良かったが、孤独のあまりに道路にある「飛び出し坊や」を引っぱりだしてきて、まるで相棒の様に話しかけており、完全に危ない人になっていた。
 缶詰やカップラーメンを食べていたが、きれいなお水はどうやって手に入れているんだろうかと思った。雨水を沸かしているんだろうか?道路の真ん中で野菜も育てようと種をまいて、芽が出て来た所で鹿がやってきていた。柵も一応あったが意味なかった。農業も大変そうだなあ。 TOKIOが生き残って、仲間になっていれば良かったのになあと思った。
 鹿を仕留めるための、弾を作るため、タイヤのバランスウエイトの鉛を集めて、溶かして実際に弾頭を作っていた。弾頭の型に溶けた鉛を慎重に流し込み、一度深呼吸して、鉛をはずして、水に入れてしっかり冷やして作っていた。スラッグ弾を実際に作るための機械を使ってやっていたが、一人でこれだけやれるなんて凄いなあ。
 鹿を撃った後に、放血して冷やすというのは初めて知った。次は猪を狩るのかってところで終った。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

雪子さん

Author:雪子さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR