ゆとり日記

 今日あった事や、アニメやマンガ、本や映画、落語の感想などをネタバレで書きます。

Entries

磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~(12): ジャンプコミックス を読んだ。


磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~(12): ジャンプコミックス
(和書)2017年04月15日 21:33
仲間りょう 集英社 2016年11月4日

 信じられない事に、磯部が大名になった。なんかなりゆきでなったっぽいが、意外とうまくいっているのも面白かった。
 何もないだだっ広い所を領地に与えられ、そこから一から国作りをするところが、なんか洋ゲーのシヴィライゼーションみたいだった。ババイェツの曲を聴きながら読んだら余計シュールだろうと思う。
 いつも潮干狩りに行きたがっている家継が指導役で着いてくるのだけれど、すぐ殺そうとか言ってきて小さくて可愛いのに好戦的な所も面白かった。
 後、天草四郎の扱いが、落ち武者みたいで面白かった。
 江戸時代の豆知識などがまたでてきた。石(こく)とは米の量を表す単位で、およそ一人が一年に食べる米の量が一石といわれているそうだ。
 パンが普及するのは江戸末期から明治で、ポルトガル語で発音は「ぱぉん」なのだそうだ。明治時代の中期からくらいのイメージだったが、末期には普及していたのかと驚いた。当時はどういう立ち位置だったんだろう。
 最後のページにワンピースの『ワンピースフィルムゴールド』のパロがあった。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

雪子さん

Author:雪子さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR