ゆとり日記

 今日あった事や、アニメやマンガ、本や映画、落語の感想などをネタバレで書きます。

Entries

百万のマルコ (創元推理文庫) を読んだ。



百万のマルコ (創元推理文庫)
(和書)2017年02月04日 23:45
柳 広司 東京創元社 2007年3月23日

 面白かった。マルコ・ポーロの『東方見聞録』を元にした話で、運悪く牢屋に入れられた若者達が暇を持て余しているところに、新入りのマルコがやってきて、面白いお話をしてくれ、その話の謎を皆で解いているうちに時間が経つのも忘れる。だが、若者達は、マルコの話をほら話だと受け取っている。マルコはマルコで、自分の事を百万(ほら吹き)のマルコと言っていた。
 その話がどれも不思議で幻想的で、面白い話ばかりだった。これは丁度13話あるので、アニメ化されれば良いのにと思った。学園物やスポーツものやロボットもの、異世界で戦争をするなどのアニメはたくさんあるが、このように幻想的でロマンティックなおとぎ話は意外と少ないと思ったので。
 この話の中では、『真を告げるものは』というのがなんか良いなと思った。賢明だった女王が、美しい絵画に夢中になって政をおろそかにするというのは、オタクには身につまされる内容だろうなあと思った。それから、イラッとするくらい賢いマルコが、絵が下手という弱点があったというのも微笑ましい。
 ハッピーエンドに終ったのも良かった。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

雪子さん

Author:雪子さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR