ゆとり日記

 今日あった事や、アニメやマンガ、本や映画、落語の感想などをネタバレで書きます。

Entries

『フィンランドデザイン展』にいった。

 『フィンランドデザイン展』にいった。
 フィンランドで有名な作家の作った椅子や、ガラスのコップなどの食器、家具や服などが展示されていた。ムーミンの絵もあった。
 椅子は、動物をモチーフにしたものや、未来の人が座っているような丸くて周りが包み込まれているようなデザインのものがあった。これらの椅子は座れるコーナーもあり、座り心地を試す事ができた。
 フィンランドの作家は、ムーミンの作者くらいしか知らなかったが、マリメッコを代表するデザイナーらしいマイヤ・イソラのウニッコというケシの花を大胆なモチーフにした模様で有名な人の作品があった。この模様を見てなんか見た事あるなと思った。
 他には、カイ・フランクとか、エリーク・ブルーン、アルヴァ・アアルトなどの作品があった。
 フィンランドの家具のある家が展示の中に有り、その壁にパピーという犬?をモチーフにした紙に色を塗って貼り付ける事が出来た。自分達も参加できるというのが面白いなとおもった。
 丁度、へし切り長谷部も展示されているので見に行った。後ろからでも良い人用と、並んでじっくり見たい人用に、ロープでしきりがあるのが良いなと思った。酉年なので、鳥の絵も展示されていた。また、別のフロアーでは、ツクモガミや、幽霊が描かれた絵があり、これも良いなと思った。
 パンフレットにはコラボしている刀剣乱舞のキャラクターが描かれていた。黒田家由来の観光地も一緒に紹介しているのも親切だなと思った。
 一階にパネルが展示されており、そこでも観光地の紹介や、交流ノートがあって自由に描きこむことができた。交流ノートは2冊あり、広げて見ると、可愛いイラストとともに、ここにきた感想と、どこどこから着たというのが書かれており、大阪やら沖縄やら、はては海外からも、日本号とへし切り長谷部を見に来た人が居たことが分かった。地元民で、福岡に住んでいて良かったと書いてある人がいたが、私もそう思った。
 へし切り長谷部を飾る台が去年より立派になったらしいが、これも「へし切り長谷部の為に使って下さい」と去年寄付した人が有り、それで立派になったようだ。偶然かも知れないが、刀剣乱舞で知った人がこの刀のファンになって、寄付した人もあったろうなあと思う。このゲームは面白いだけでなく、後世に美術品を残していく為の役にも立っているので、このような世の中に貢献できる物を作って、ゲームの作者は鼻が高いだろうと思った。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

雪子さん

Author:雪子さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR