ゆとり日記

 今日あった事や、アニメやマンガ、本や映画、落語の感想などをネタバレで書きます。

Entries

『汚れっちまった悲しみに… 』を読んだ。


汚れっちまった悲しみに…
(和書)2017年01月09日 23:36
中原 中也 童話屋 2014年1月

 中原中也の有名どころの詩がいろいろあった。
 あとがきの中原中也の話で、P166の
『小学校に上がるとすぐ一番になりますが、「増長すると困る」と学校と親が示し合わせて二番ということにしてしまいました。そのせいで中也は劣等感に苦しみ、絶望的な不信感をこの世界に持ったのでした。』
というエピソードが興味深いと思った。これ、親や学校はよかれと思ったのかも知れないが、二番なのに一番になっちゃった子も、中也もプライド傷つくだろうなあ。というか、正当に順位をつけないなんて失礼じゃないだろうか。中也もこんなイヤな大人が居るところで、よくぐれなかったものだと思った。詩の同人誌を作る事が彼なりの反抗だったのかも知れないが。
 後、P167の
『中也は「私の女を私から略奪した男の所へ女が行くという日、女の荷物の片付けを手助けしたり、おまけに女一人で持ちきれない分を、私の敵が借りて待っている家まで届けてやったりした」』
というのも、中也の優しさ?に驚いた。これ優しさと呼べば良いのかそれとも、ショックが大き過ぎて放心状態になっているのか、その両方なのかも知れないが、出て行く彼女に最後まで優しくしているのが、逆にスゴいなと思った。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

雪子さん

Author:雪子さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR