ゆとり日記

 今日あった事や、アニメやマンガ、本や映画、落語の感想などをネタバレで書きます。

Entries

TVアニメ「ナンバカ」1巻 [Blu-ray] を見た。



TVアニメ「ナンバカ」1巻 [Blu-ray]
(DVD)2016年12月29日 13:49
徳間ジャパンコミュニケーションズ 2016年11月30日

 これは、重犯罪者達が収容されたナンバという刑務所が舞台で、そこの犯罪者達グループが脱獄をやるのを看守達が阻止したり、一緒にゲーム大会をやったりするという内容だった。
 絵や色彩がとても個性的な感じで派手でキラキラしていた。でてくる登場人物の周りに、何故か昔の少女漫画の、イケメンが薔薇を背負っているような感じで、星のようなキラキラがとんでいた。だいたいどのキャラでもそうだった。
 刑務所が舞台と言うと、重苦しく厳しいイメージだが、このアニメは全くの逆で、ドタバタで楽しいコメディーになっていた。登場人物達もお気楽で、刑務所の中で好き勝手に遊んでいた。
 このナンバ刑務所はとても自由なのにも驚いた。刑務所と言うと、囚人を罰するため、または善良な一般人を守るため、犯罪者を隔離するというイメージがあるが、ここの刑務所は、それよりも犯罪者を更生させるため?や、鬱憤をはらすために好きなようにさせておくことで、脱獄する考え自体を無くす?のを重視してしているようにも感じた。
 だが、彼らに酷い目に遭わされた被害者にとっては、この刑務所はユル過ぎて逆に許せない存在かも知れないなと思った。
 このアニメは確かにドタバタコメディーではあったが、ラストに近づくにつれて、脱獄とパズルを解くのが得意なキャラが、実は昔人体実験の被害者だったらしいことなどや、他の囚人達の過去の悲惨な話などがでてきて、えらくシリアスな展開になってきた。ずっとドタバタして終るのかとばかり思っていたので意外に思った。
 最後は、刑務所内に作ってもらったゲーセンで看守も囚人も一緒に仲良くゲームをして終わりだった。
 このアニメは、看守も囚人も仲良しなのが良いなと思った。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

雪子さん

Author:雪子さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR