ゆとり日記

 今日あった事や、アニメやマンガ、本や映画、落語の感想などをネタバレで書きます。

Entries

響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部の日常 (宝島社文庫)を読んだ。


響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部の日常 (宝島社文庫)
(和書)2016年11月29日 01:19
武田 綾乃 宝島社 2015年5月25日

 北宇治高校吹奏楽部の短編集だった。一つ一つ短くて読みやすかった。
 主人公の女の子と幼なじみの男の子は、最後ちゃんとくっついたんだろうかと思っていたが、これはこの本で補完されていた。ちゃんと付き合うようになったようで良かった。
 元スポーツの部活に入っていた女の子も、その男の子の事が好きだったというのには驚いた。本編では気づかなかった。
 後は、学校の怪談だったり、文化祭だったり、京都では有名らしいあがた祭に行ったりというものだった。あがた祭というか、京都の祭では屋台できゅうりの一本漬けというのが売られているそうだ。チョコバナナの亜種みたいな感じだろうか?美味しそうだと思った。
 あすか先輩による楽器の由来の話もあった。それによると、ユーフォはギリシア語の『いい響き』に由来してると言われ、チューバはラテン語で『管』という意味で、古代ギリシア・ローマ時代だと青銅製の管楽器の名前としても用いられていたし、その後は『ラッパ』全般を指す言葉として使われるようになった。発明者のモーリツは、ラッパの低音楽器だという意味で『バス・チューバ』と命名した
そうだ。あすか先輩は楽器の由来について2時間は講義できるらしい。本当に好きなんだなあ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

雪子さん

Author:雪子さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR