ゆとり日記

 今日あった事や、アニメやマンガ、本や映画、落語の感想などをネタバレで書きます。

Entries

鬼灯の冷徹(22) 通常版: モーニング を読んだ。



鬼灯の冷徹(22) 通常版: モーニング
(和書)2016年10月08日 01:03
江口夏実 講談社 2016年7月22日

 キジムナーがでてきた。木の精霊は可愛いが、このキジムナーも可愛いデザインになっていた。
 座敷童の双子が相変わらず不思議可愛かった。このコラはマッサージも得意でセルライトも潰せるらしい。ありがたい双子だなあ。
 今回もう一組、ありがたい双子がでてきた。小人の靴屋の兄弟なのだけれど、おすぎとピーコみたいなキャラで、ハイセンスな服や靴を作っていた。没案になっていた小人のデザインも会ったのだけれど、これがお花をモチーフにした衣装を身に付けたとても可愛い妖精だった。勿体ないくらいの可愛さなのだが、ギャグマンガで考えると、近づいて見ると微妙に可愛くないくらいのデザインの方がちょうど良かったんだろうか。
 衆合地獄の女鬼達が作る生け花も面白かった。とくにお香さんの、しゃれこうべの目玉の穴に生けた彼岸花の作品が面白いなとおもった。
 作者は、歌川国芳や月岡芳年、上村松園などの画家の画集や、服装は身近にいる人、街を歩いている人、ネット、TV、雑誌などを参考にしているのだそうだ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

雪子さん

Author:雪子さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR