ゆとり日記

 今日あった事や、アニメやマンガ、本や映画、落語の感想などをネタバレで書きます。

Entries

日本茶のこと説明できますか? (Discover Japan CULTURE)を読んだ。


日本茶のこと説明できますか? (Discover Japan CULTURE)
(和書)2016年08月26日 00:58
エイ出版社 2010年10月7日

 日本茶の説明が写真付きであった。地域でどのお茶が作られているかなどの説明もあった。
 煎茶を美味しく入れる温度は70度から80度などお茶の入れ方も説明もあった。
 この中で印象に残ったのは、京番茶だ。葉っぱがほとんどまるまる一枚くらいの大きさだったので。茶葉がこの通り大きすぎるので、最初にきっちり分量を計量した方が良いと書いていた。これはヤカンに1ℓ単位の水を入れて5分から10分かけて煮だすのだそうだ。
 またぶくぶく茶という、大きな茶筅で泡立てて飲むお茶もあった。泡立てて飲むお茶は、振茶やバタバタ茶、ぼてぼて茶などもあるようだ。富山県のバタバタ茶はなんと缶でも売られているそうだ。泡だっているのだろうか。缶のまま振ってから飲むのだろうか。
 北海道では黒豆茶も飲まれているそうで、黒豆茶の黒豆で豆ご飯にすることもできるそうだ。
 寿司屋ででてくる粉茶も、これは蒸らす必要がないので、入れ方が簡単で良いなと思った。
 宮崎や佐賀、熊本などで作られている釜入り茶というのも面白いなとおもった。一般的な日本茶は発酵を止めるの過程で蒸して作られるそうだが、これは炒って作られるそうで、中国から伝わったものだそうだ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

雪子さん

Author:雪子さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR