ゆとり日記

 今日あった事や、アニメやマンガ、本や映画、落語の感想などをネタバレで書きます。

Entries

夏目友人帳 16 を読んだ。



夏目友人帳 16
(和書)2016年08月10日 02:06
緑川ゆき 白泉社 2013年7月5日

 前の巻では、塔子さん夫婦の話で、夏目を引き取るまでの話が載っていた。白鳥も仲良し夫婦らしいがカラスもそうらしく、つがいでいないのはまだ相手と出会っていないか、死に別れているかららしい。塔子がカラスが一羽だと言っているのを、夏目には二羽にみえ、しかも片方が白いカラスだとか言っていたのを、否定しないで優しく見守っていた塔子さんに癒された。夏目もこういうボロをちょくちょくだしてそうだし、塔子さん、もう感づいてるんじゃないだろうか?
 この巻での話は、なんか異種族との恋愛っぽいものがメインになっている用にも感じた。夏目のガールフレンドのタキは、夏目も少しまいってしまうような妖力の強い妖怪に好意を寄せられるし、レイコが尋ねてくるのを待ち望んでいた妖怪が、彼女が尋ねてくるようにと花咲か爺の灰を盗んできて、花で一杯にしてもてなそうとか思っているし。
 夏目の友達の寺の息子の方は、父親がよほど徳が高いらしく、神格の妖怪がついているらしい。何気にスゴい人だな。
 今回、夏目の友人である西村と北本と寺の息子との3人で、寺の息子の親戚の旅館を手伝いにいく話も良かった。4人でワイワイ旅館で手伝ったり、その後お祭に行ったりするの楽しかっただろうなあ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

雪子さん

Author:雪子さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR