ゆとり日記

 今日あった事や、アニメやマンガ、本や映画、落語の感想などをネタバレで書きます。

Entries

マギ 29 (少年サンデーコミックス) を読んだ。



マギ 29 (少年サンデーコミックス)
(和書)2016年08月08日 00:17
大高 忍 小学館 2016年4月12日

 アリババは無事に生き返ることが出来たんだけれど、白龍やモルジアナ、アラジンが旅に出たまま行方不明になっているってところで終った。
 今回は急激にお話が進んだ気がする。シンドバッドは良い奴なんだけれど、別世界での神様みたいな存在とも繋がっていたようだ。それでも、今の所神様の思い通りになっているわけでは無いように見える。
 白龍は闇堕ちまっしぐらって感じに見えたが、戦争に勝って皇帝になってからは結構頑張っていたようだ。健やかさを取り戻しつつあったので、なんとかハッピーエンドな方向へ向かっていって欲しいが、彼の姉が意識を乗っ取られているようなので、これが原因でまた一波乱来そうだ。
 シンドバッドの方針が、商売能力のある人達が得をするという、資本主義な世界なので、白龍の国もそのまま時代の流れに飲み込まれていき、彼の国は元々は権力者だけが知識をもち、後は全員同じくらい生きていけるくらいの生活水準の軍国主義だったのが、いきなり政治体制が変わってしまったためにどんどん落ちぶれていき、白龍もその責任を取って皇帝の職を辞したのだそうだ。彼なりに頑張ったんだろうに、なんか可哀想だなあ。その後は、紅玉姫が皇帝になっているが空回りしているらしい。彼女はシンドバッドのことを恨んでいるので、なんかやらかしそうだなと思う。
 なんか大変なことになってるなあ。能力のある人達にとっては資本主義は理想だけれど、水準以下の人達にとっては共産主義みたいに全員右に倣えみたいなのの方が生きやすかったんだろうなあとも思う。
 だが科学技術が発展したのは良かった。
 シンドバッドが作り上げた世界は、奴隷も戦争もなくなって表向きはとても素晴らしくなったが、今度は貧富の差が激しくなって、それで問題が起こりそうだなと思う。
 アリババも、早く昔の友人と合流できれば良いなあ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

雪子さん

Author:雪子さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR