ゆとり日記

 今日あった事や、アニメやマンガ、本や映画、落語の感想などをネタバレで書きます。

Entries

『ロスト・バケーション』を見た。


ロスト・バケーション
(劇場映画)2016年07月31日 13:33
サーファー美女を襲った悪夢を描く海洋スリラー 2016年07月23日 公開(パニック) 監督: ジャウム・コレット=セラ 出演: ブレイク・ライヴリー 制作: 2016米/[配給]ソニー・ピクチャーズ

 サメが襲ってくるということで、ジョーズみたいな古典なホラーかと思ったら、意外や意外、かなり面白かった。
 メキシコあたりの美しいビーチを舞台に、医大生の美人女子学生が、サーフィンをしにくる。そこでクジラの死骸を追ってサメに出くわし、大急ぎで岩に昇んだけれど、満ち潮が刻一刻と迫って来ていてみたいな話だった。
 主人公の女子大生が美人な上に賢くて、思い切りも良いのでイライラせず、ハラハラドキドキしつつも面白く見る事が出来た。
 主人公の金髪の美人が、青い海、青い空、真っ白な砂浜にたたずんでいるだけでも絵になり、上から俯瞰してとられた映像に映った、サーフボードに乗った美女を中心した海は尋常でない美しさで、それだけでも夏らしくて、見ていて気持ちがよかった。
 また、大量のクラゲが湧いた海中を泳ぐ姿も、人魚姫みたいだなと思った。
 彼女は、美人で賢くて勇気があるだけでなく、性格も結構優しいのも良いなと思う。助けを呼んでやってきたのがデブの酔っ払いで、事もあろうに海の真ん中で立ち往生している美人の目の前で、彼女の荷物を盗もうとしたときも、
「荷物は全部あげるから助けを呼んで来て。海にはサメが居るから絶対に入らないで。」
などと叫んでいたからだ。生き残るのが最優先だったのであろうが。
 正直、私もそのような場面に出くわしたら、この主人公のような振る舞いが出来る自信はない。
 この映画で一番ビックリしたのは、彼女のメンタルの強さだ。サメから身を守るために沈着冷静な対応をするだけでなく、あんなとんでもない体験をしたというのに、今度は家族連れで懲りずにまたこのビーチにきたのだ。しかもまたサーフィンをしていた。無事に卒業して医者にもなっていた。本当にスゴイなこの人。
 一緒に見ていた人は、人が食い殺されるたびに「ヒエッ」と声を上げていた。後、何度も途中退室しようと思ったらしい。それくらいホラー映画としても怖かったようだ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

雪子さん

Author:雪子さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR