ゆとり日記

 今日あった事や、アニメやマンガ、本や映画、落語の感想などをネタバレで書きます。

Entries

『この絵、誰の絵? 100の名作で西洋・日本美術入門 』を見た。


この絵、誰の絵? 100の名作で西洋・日本美術入門
(和書)2016年07月16日 00:12
佐藤晃子 美術出版社 2008年8月8日

 誰でも知っているような絵の名前や作者名を当てるゲームのような本だった。
 これは美術検定とかいう検定試験にも使えるそうで、入門編なので相当簡単な部類なんだろうが、作者名など半分も分からなかった。知ってなきゃ恥ずかしいレベルの問題だろうから、これを機に真面目に画家の名前を覚えようかなと思った。
 ここに紹介されている絵の中では、デ・キリコの「街の神秘と憂愁」が良いなと思った。しーんと静まり返った雰囲気の町中で、車輪回しをしている少女がおり、その奥には誰かの人影が見えるというものだったが、その絵が不思議で幻想的で不安定に感じ、良いなと思った。
 日本では、東山魁夷の「道」が、色合いも爽やかでシンプルで良いなと思った。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

雪子さん

Author:雪子さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR