ゆとり日記

 今日あった事や、アニメやマンガ、本や映画、落語の感想などをネタバレで書きます。

Entries

求愛 (徳間文庫) を読んだ。



求愛 (徳間文庫)
(和書)2016年07月08日 01:16
柴田 よしき 徳間書店 2010年5月7日

 この主人公、友人が二人も殺されてしまって、名探偵コナン並みな運の悪さだなと思った。だが、わずかな手がかりから真犯人を突き止めようとするのがスゴい。
 また、務めていた翻訳家の仕事もやめて、犯人を捜すために探偵にまでなったのもエネルギーがスゴいなと思った。
 探偵の仕事には、ただ張り込んで情報を集めるだけでなく、子供のボディーガードなどもあったりするのだそうだ。
 浮気調査が多いらしいが、その後は離婚してしまうことも多い事が分かった。たとえ浮気をしていなかったとしても、相手が浮気をしていると疑ってそれを探偵事務所にまで頼むというのに幻滅して、それから信頼関係がなくなり、うまく行かなくなって離婚になるというケースが多いそうだ。
 ギリシア神話の愛のキューピットには兄弟がおり、その名前は信頼といい、どちらがかけてもうまくいかない事から、愛と信頼は不可欠な物なのだみたいな話を思いだした。
 一人の人間をずっと愛し続けるというのは、難しいものなんだなあということが分かった。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

雪子さん

Author:雪子さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR