ゆとり日記

 今日あった事や、アニメやマンガ、本や映画、落語の感想などをネタバレで書きます。

Category [落語 ] 記事一覧

古典落語名作選 其の一 [DVD]

古典落語名作選 其の一 [DVD](2002/09/20)古今亭志ん生(五代目)、古今亭今輔(五代目) 他商品詳細を見る古典落語名作選 其の一(DVD)2014年11月05日 00:042002 古今亭志ん生(五代目), 古今亭今輔(五代目), 桂文治(十代目), 三遊亭圓彌 一時間半くらいですぐ終ったのも良かったし、いろいろな噺家さんが紹介されているのも良かった。  古今亭志ん生(五代目)の『風呂敷』、古今亭今輔(五代目)の『もう半分』、桂文治(十代目)の...

 春風亭小朝 扇の的を聞いた。

 春風亭小朝 扇の的を聞いた。かなり面白かった。  源平合戦の八島の戦いで、的当てゲームの扇をかざしたのは、玉虫の前という女性なのだそうだ。  義経の母親、トキワはかなりの美人で、いつまでたっても処女(おとめ)のようだったのだそうで、羨ましいかぎりだ。波瀾万丈な人生だけど。  話によると、今の女性はきれいな方は多いが、色気のある人は少なくなったらしい。特に、拗ねる女性が少なくなったらしいので、拗ね方...

落語動画 - 古今亭 志ん朝 -反魂香を聞いた。

落語動画 - 古今亭 志ん朝 -反魂香を聞いた。楊貴妃と玄宗皇帝の話を元にした感じの落語で面白かった。高尾大夫という当時有名だった遊女も幽霊になってだが出てきた。その高尾大夫の生前の夫で侍が、彼女を弔う為に出家し、毎晩、反魂香というので彼女の幽霊を呼び出していた所を、長屋の男が知って、自分も亡き妻を呼び寄せようと薬屋に行って、それに似た名前の薬を買ってきて、妻が早く来ないかなあ、恥ずかしがって出てこない...

落語  「お化け長屋」 三遊亭圓生を聞いた。

 落語  「お化け長屋」 三遊亭圓生を聞いた。江戸時代の不動産屋のような人が、お客さんにいわくつき物件の話をして怖がらせようとするんだけど、お客さんの方がポジティブすぎる性格の為にうまくいかないという話だった。 そのいわくつき物件は、そこに住んでいた美しい未亡人が泥棒に殺されてしまい、それ以来幽霊になって出てくるというものだった。個人的には、わざわざ自分の家に出て来ないで、(この幽霊は家賃を払って...

落語 「猫怪談」 三遊亭圓生を見た。

 落語 「猫怪談」 三遊亭圓生を見た。  死んだ父親の死体が勝手に動き出した所は不気味だったが、それを息子が怖がらずに 「親父、俺に何か言いたい事があるんだろう。」 と言って追いかけるのはなんか不思議で物悲しい気がした。猫怪談とあるように、実際には死体を猫の妖怪にでも連れ去られてしまったんだろうが、息子の方は、父親が自分に伝えたい事があるんだろうと思って意図を読み取ろうとしている所は、笑いどころなん...

ご案内

プロフィール

雪子さん

Author:雪子さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

フリーエリア

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR